いまさら聞けないAGAのこと

そもそもAGAってなんでなるの??
遺伝?生活習慣??はたまたストレス???

AGAの原因について

色々な要因がありますがやはり、、、

1.遺伝的要因

AGAと遺伝の因果関係は明確に解明されていませんが密接な関係があると考えられています。
遺伝によって5αリダクターゼを多く生産する体質や感受性が高い男性ホルモンレセプターを受け継いでしまった場合は、AGAを発症するリスクが高くなることがわかっています。

2.男性ホルモン

男性ホルモンとは、主に睾丸から分泌されるホルモンで、テストステロンと言われています。
このテストステロンが、血液を通して体中を巡り頭皮に存在する5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、より強力な男性ホルモンであるDHTに変化します。
これが毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結合して脱毛因子「TGF-β」を増やし、毛乳頭や毛母細胞へ髪が抜けるよう指令を出します。

3.生活習慣・ストレス

AGAの原因には遺伝などの先天的要素のほか生活習慣の乱れなどの後天的要素もあると考えられています。また、以下のような後天的要素はAGAの進行を早めるとも言われています。
偏った食事や過度なダイエットは、髪の製造に必要な栄養の不足を引き起こし、運動不足や睡眠不足、睡眠サイクルの乱れ、過度のストレスなどは自律神経やホルモンのバランスを乱す原因となります。
また、喫煙や過度な飲酒なども、血流が悪くなり髪に栄養が行き渡りにくくなったり、髪の製造に必要なタンパク質を合成する肝臓に負担をかける原因となりますのでよくありません。
これらがきっかけとなって、AGAを発症、また一層悪化させる要因になるのではないかと考えられています。

 

 

ここまで読んでみていかがでしたか?

思い当たる方もいると思いますが次回はAGAの対策とケア方法をご案内していきますね

報告する

関連記事一覧

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。